それぞれの解消法

トイレットペーパーや汚物によってつまった時には、ラバーカップや真空パイプクリーナーなどによって解消することができます。また、この時にお湯を使うことで、便器の汚れが落ちやすくなったり、トイレットペーパーが溶けやすくなることから、効果的な解消をすることができます。ティッシュペーパーによってのつまりであれば、お湯やパイプクリーナーなどの洗浄剤を使って、ティッシュペーパーを溶けやすくする解消法が有効です。
トイレつまり解消

携帯電話を流してしまった時には、便器を取り外す必要があります。水道の元栓を閉めて便器を固定しているボルトを外せば、自分でも取り出すことができます。自分で便器を取り外すのが難しいと感じるなら、迷わず業者に連絡をしましょう。つまりの原因が分かっているので、比較的短時間での作業となり、料金も安く済むことがあります。

洗剤のキャップや子供のおもちゃなどでのつまりでは、形状や素材によって解消方法も違ってきます。軽く小さい物であれば、ラバーカップを使うことで浮いてくることもあります。

ただ、奥で挟まっている状態では簡単に取り出すことはできないでしょう。ワイヤーを使って取り出す方法もありますが、この場合でも業者依頼するのが得策でしょう。

つまりやすい物

トイレつまりは、トイレットペーパーや汚物でもつまってしまうことがあります。トイレットペーパーや汚物の量が大量であるためにつまることもありますし、長年使っていることで便器に汚れが付着しつまりを引き起こすこともあります。
トイレつまり

便器に座るときにポケットから携帯が落ちてしまうこともあるでしょう。すぐに気づいて取り出せば問題ないのですが、気づかず流してしまうとこれもつまりの原因となります。便器の構造上、重さのある携帯は便器から先に流れる心配はほとんどないのですが、便器の中にとどまることでつまりを引き起こします

トイレつまりでは、用を足すとき以外にも起こるケースがあります。その一つがトイレ掃除の時です。トイレの掃除の時に誤って洗剤のキャップを流してしまったり、お掃除シートや雑巾などを流したことでつまることもあります。その他にも、生理用ナプキン、おむつ、子供のおもちゃなどによってトイレつまりを起こすケースも多いようです。

トイレなら何でも流せると思っている人もいるかもしれませんが、便器の構造によって簡単につまってしまう場所です。トイレはあくまでも汚物を流すための場所と考え、それ以外のものは絶対に流さないようにすることが大切です。

トイレのつまりはなぜ起きる

キッチンの排水のつまりが気になり、カップラーメンの残り汁などをトイレに流す人もいるようですが、トイレでは水に溶けやすいトイレットペーパーと汚物を流すことを想定して作られています。そのため、これら以外の物を流すことでトイレつまりの原因となってしまいます。便器のつまり予防のためにも、流してはいけないものをしっかり把握しておきましょう。

トイレットペーパーがない時にはティッシュペーパーを代わりに使う人もいるでしょう。しかしティッシュペーパーはトイレットペーパーとは違い、水に溶けにくいためトイレ詰まりの原因となることもあります。

トイレ

その他にも、犬や猫などペットを飼っている人の中には、ペットの糞をトイレに流している人もいるのではないでしょうか。これもトイレのつまりの原因となります。人の汚物と動物の糞とでは性質が違い、水に溶けにくいのでこれも詰まりの原因となるのです。

トイレは、便器からただ排水管につながっているといったものではありません。便器の中には常に水が溜まっている「水たまり部」、その先の穴の開いている「排水口」、 水たまりの水位を決める「せき」、汚物や水を一緒に流す「排水路」 に分けることができます。このように、便器の中は意外にも複雑な構造になっています

「せき」の部分は急カーブになっていてここはとても詰まりやすい部分ですし、排水路部分もつまりやすい場所があります。水に溶けるものを流していれば基本的に問題ない構造となっていますが、水に溶けにくいものを流せば、「せき」や「排水路」部分でつまってしまうことになります。ここでは、具体的にどのような物を流すとつまる原因となるのか、それぞれの効果的な解消法について紹介します。誤ってつまりやすいものを流してしまった時も、適切な対応でつまりを解消しましょう。